MagickscreenをスティックPC(パソコン)を使って始める

自分だけのスクリーンが完成したら早速表示してみましょう

アプリをダウンロードするだけで簡単にはじめられます。

Windows版をダウンロード(Windows10推奨)

準備するもの
  • スティックPC(パソコン)※Windows10の初期設定が必要です 
  • HDMI端子搭載のテレビやディスプレイ
  • キーボード・マウス※初期設定のため
  • 無線LAN機器
  • Magickscreenアプリ(Windows版 )
  • 表示するスクリーン※スクリーンの作り方はMagickscreenのウィジェットでサイネージを参考にしてください。

Step1.通知設定
通知が表示されないように通知設定を変更します。
スタートメニューの「設定」をクリックし「システム」をクリックします。

Step2.
左メニューの「通知とアクション」をクリックします。

Step3.
通知の設定を「オフ」にします。

Step4.Windows Update の設定
Windows Update の自動更新が起動し、ディスプレイにポップアップメッセージ(ダイアログボックス)などが表示されないよう、Windows Updateの自動更新を無効に設定します。
※更新は定期的に手動で行ってください。更新プログラムをインストールしない場合、セキュリティの危険性が高まったり、パフォーマンスに問題が発生したりする場合があります。

Step5.アプリをインストールします。
Windows版のアプリをインストールします。

Step6.インストール後設定を行います
アプリのインストールが完了すると、タスクトレイにMagickscreenのアプリが表示されます。右クリックで「設定」を選択してください。

Step7.スクリーンのKeyを取得
デフォルトでは、サンプルスクリーンが表示されます。作成したスクリーンを表示したい場合は、MagickscreenのWEBサイトより、スクリーンのKeyを取得してください。

Step8.スクリーンの追加
Step7で取得したkeyをアプリに設定します。右上の「+」をクリックし、Keyを入力してください。

Step9.スクリーンを表示
アプリを右クリックして「スタート」ですぐに表示されます。もしくは「スクリーンセーバーの設定」で設定した時間に表示されます。サイネージ用途の場合は「スリープしない」「パスコード」の設定をお勧めします。

さあ、あなただけのオリジナルスクリーンをつくりましょう

Magickscreenをはじめる